• LPガスの魅力
  • よくあるご質問
  • 資格・講習案内
  • 県内会員一覧
  • 関連リンク
  • 協会員の皆様へ

LPガスの魅力

LPガスとは?

容器の中に入っているLPガスが液体だということをみなさんは知っていましたか?LPガスは石油ガスを液化したもので、正確には液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)といいます。そしてこの頭文字を取ってLPG=LPガスというのです。ここでは、LPガスの成分や性質について、都市ガスとの違いについてご紹介します。

LPガスの種類

家庭で使われているLPガスの主成分は、プロパン(C3H8)がもっとも多くなっています。このためLPガスはプロパンガスとも呼ばれています。また、ガスライターの中に入っている液体はブタン(C4H10)と呼ばれる成分で、LPガスの一種です。このように、LPガスとして用いられているガスは、炭素(C)の原子数が4以下の炭化水素(CH)の混合物になっています。

LPガスの重量

気体のLPガスは空気より重く、空気の1.5~2倍の重さになっています(100%プロパンの場合、15℃・1気圧で1.865kg/m3)。そのため、家庭などでLPガスが漏れた時は、床面をはうように広がり、低い場所にたまる性質があります。一方、都市ガスは空気より軽く、漏れた場合は天井の方へたまっていく性質があります。

LPガスの性質

LPガスは簡単に液体になる性質があります。液体になると、体積は気体の時の約250分の1になります。輸入したり、ご家庭にお届けしたりする時には、液体にして効率よく運んでいる、というわけです。

LPガスのにおい

LPガスは本来においがありません。しかし、ガスが漏れた時にすぐに気づくように、ガス特有のにおいをつけています。このにおいの成分は、ガスが燃焼すると無臭になるので、LPガスが正しく使われている限りは臭うことはありません。

液化プロパンガスの沸点は?

液化プロパンの沸点は-42℃です。室温の状態ではあっという間に気化してしまうのです。

プロパンの発熱量は?

気体のプロパン1m3を燃やすと99MJ(24,000Kcal)、ブタン1m3は128MJ(31,000Kcal)の熱量を発生します。また、重量1kg当たりではプロパン、ブタンともに50MJ(12,000Kcal)の発熱量があります。 これに対して都市ガスは46MJ(11,000Kcal)です。気体のプロパンは都市ガスより約2.2倍の熱量があります。

プロパンの燃焼範囲は?

プロパンが空気と混ざり、空気中の濃度が2.1%~9.5%(ブタンは1.8%~8.4%)の範囲で燃えたり爆発したりするのです。したがって、LPガスが漏れた場合、少量でも爆発の危険性がありますので、ガス警報器を設置して微量のガス漏れでも検知できるようにするなど、十分ご注意下さい。

ガス警報器についてはガス警報器工業会ホームページをご覧ください。

様々な用途で使用されているLPガス

LPガスは家庭以外にも様々な分野で活躍しています。

アウトドア用
携帯コンロ
タクシーの燃料 フォークリフトの燃料 工業用
LPガス貯槽
スプレー缶

他にも、屋台や道路工事の燃料等にも使われています。

地球にやさしいエネルギー

LPガスは現在、私たちのかけがえのない地球が直面している地球温暖化や酸性雨そしてオゾン層の破壊といった環境問題にも対応して、家庭や産業用、自動車燃料といった我々の生活を支えるクリーンなエネルギーとして期待されています。
LPガスは地球温暖化の原因とされる(二酸化炭素)の排出量が他の化石燃料に比べて少なく、酸性雨に対しても窒素分を全く含まず、硫黄分もほとんど含んでいませんので、SOx(硫黄酸化物)・NOx(窒素酸化物)対策として、有効なエネルギーといえます。また、オゾン層の破壊につながる特定フロンに代わる物質として、エアゾール用としてLPガスが使用されています。

地球温暖化

化石燃料の使用や他の産業活動によってCO2(二酸化炭素)等が大気に排出され、そのために地球の温度が上昇することを地球温暖化といいます。CO2は、太陽からの日射によってあたためられた地面から放射される赤外線を吸収し、これによって地球の気温を平均15度に保っています。この温室効果ガスの濃度が上昇すると、このバランスがくずれ、気温が上昇します。

●温暖化の影響

人類が排出したCO2等によって、地球温暖化はすでに進行し、21世紀末には地球全体の平均気温が2度、海水面が50cm上昇すると予測されています。そうなると、低地の水没、洪水や渇水などの異常気象の増加、食糧生産への重大な影響、熱帯性の伝染病の増加など、人類に深刻な打撃を及ぼし、砂漠化の進行や森林などの生態系にも大きな影響を与えることになります。

オゾン層の破壊

オゾン層の高濃度のオゾンが、癌などの原因になる太陽からの紫外線を吸収し、地球上の生物を守っています。ところが1970年代に冷却剤やスプレーの噴射剤に使われていたフロンが、オゾン層を破壊する可能性が明らかにされた。実際、世界各地でオゾン層中のオゾン濃度の減少が観測されています。フロンのほかにも、たとえば臭素を含むハロンなど、様々なオゾンを破壊する化学物質があり、その使用が問題となっています。

酸性雨

酸性雨 主な原因は、工場から排出される汚染物質であるとされている大気汚染のひとつで、硫黄酸化物や窒素酸化物が大気中の水分と結びついて、硫酸や硝酸になることで生じます。酸性雨は土地を浸食して、作物や森林に多大な損害をあたえ、淡水の湖沼の生物をおびやかし、絶滅が危惧されています。

LPガスは、災害にも強いエネルギー

LPガスは、1戸ごとにLPガス容器で個別供給しているため、「分散型エネルギー」と呼ばれています。ガス設備に被害がなければ災害直後から各家庭でそのまま使用できるので、他のライフラインが絶たれても使用できるエネルギーとして評価されています。

当ホームページで毎年10月に実施しているアンケート調査では、東日本大震災(平成23年)の被災者から「他のライフラインが絶たれた中でもLPガスは使用できたため、煮炊きすることができて本当に助かった。」との声が寄せられました。このように、被害の大きかった東北地方では特に災害にも強いとの高い評価となりました。

LPガス設備について

LPガスの各設備は、法律により、皆さまが点検・維持管理を行う設備とLPガス販売店が点検・維持管理を行う設備に分かれています。

供給設備
LPガス販売店が責任を持って点検と維持管理を行う設備

LPガス容器からガスメーターの出口までは供給設備と呼ばれ、LPガス販売店が、責任を持って点検と維持管理を行います。

消費設備
皆さまが日常的に点検と維持管理を行う設備

ガスメーターの出口からガス器具までは、消費設備と呼ばれ、法律上の管理責任は消費者の皆さまにあります。日常の点検・維持管理は、LPガスを使っている皆さまで行ってください。

LPガス事故に対する保険制度について

LPガス販売店が(1)LPガスの販売業務を行っているときに事故を起こした、あるいは(2)業務を行った後でその業務の欠陥が原因で事故が発生し、消費者等に人的・物的の損害を与えた場合、その事故の原因が、LPガス販売店に責任があって、法律上その消費者等に対して賠償しなければならないとき、LPガス販売店が支払うべき賠償金を補てんする保険制度があります。

詳しくは全国エルピーガス保安共済事業団のホームページをご覧ください。

消費者の事故責任について

LPガスに関する事故が起きた場合、LPガス販売店に責任があれば、賠償金が支払われますが、下記の例のように、消費者にも過失がある場合、賠償金が減額されたり、支払われないケースもあります。

(例1)ガス器具・設備の誤った使い方をしている場合
(例2)点検・調査で異常が見つかっており、LPガス販売店の設備の修理・交換のすすめに応じず使用していた場合
(例3)消費設備の維持管理を怠っている場合
…など

LPガス保安業務

LPガスを安全にお使いいただくために、法律に基づき定期的に周知や消費者宅の点検・調査の保安業務を行いますが、認定を受けた保安機関にLPガス販売店が委託している場合があります。保安機関が訪ねた時はご協力をお願いいたします。

周知

使用上の注意点や事故を起こさないための情報などを定期的に文書でお知らせします。

年1回(または2年に1回)行います。

緊急時連絡と緊急時対応

ガス漏れなどの時、すみやかに対応します。

緊急時の連絡先は夜間・休日も対応します。
緊急時は30分以内に無料対応します。

供給開始時点検・調査

ガス器具も含めたLPガス設備全体の点検・調査を行います。

供給開始時に行います。

容器交換時等供給設備点検

容器の転倒防止の確認など、容器周りの点検を行います。

容器の交換時に(または月1回以上)行います。

定期供給設備点検

ガス漏れの有無など、調整器からガスメーターの供給設備の点検を行います。

4年以内に1回行います。

定期消費設備調査

ガス器具、給排気、ホース、配管などの消費設備の調査を行います。

4年以内に1回行います。

※「保安業務」は無料で行います。「消費設備」の修理や改善が必要な時は有料となります。

※緊急時の連絡先は、LPガス販売店に確認してください。

※LPガス販売店の連絡先がわからない時は、各都道府県のエルピーガス協会内にございます「エルピーガスお客様相談窓口」へご連絡ください。
→都道府県エルピーガス協会のリンクはこちら

LPガス器具の快適レポート

LPガス器具の快適レポートはこちら>>

引用元:LPガス安全委員会

このページの先頭へ